ニキビ治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

取り返しのつかなくなる前に段階別ニキビ対策。ニキビ痕を防げ!

 

質問

ニキビって段階があるの?

 

答え

あります。早い段階で治すことが極めて重要です。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

ニキビっていうのは段階があって、段階が上がっていくたびに、取り返しのつかないことになるよ!最終段階に行けば、もう『シミで済めば儲けもの』っていうくらいだからね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

ニキビというのは急に顔中に出来るわけではなく、少しずつ時間をかけて進行するものだ。従って、比較的初期の段階からケアをしていけば、最悪の段階まで行って後悔する結果を防ぐことが出来る。

 

ニキビ対策

 

著者である私の今のところのパターンで最悪なのは、もちろん『ニキビ痕』だが、その前に気を付けたいのは、ニキビが出来て、『白い膿』が見えたら(もう潰して大丈夫だ)と思って潰そうとするとなかなか潰れず、(あれおかしいな)と思って力づくでやると、なんとか血と一緒に滲み出るが、そこがそのままシミになって消えなくなる、という段階も、常に警戒している。

 

その段階に行く前に何とかしないといけないのだ。

 

ニキビ対策

 

ニキビ進行の段階は、次のようになる。

 

目次

 

  • Ver.0.肌が脂っぽくなる。ニキビ準備中でまだふくらみはない。
  • Ver.1.ポツンとした小さいふくらみができる。毛孔角化期。
  • Ver.2.ふくらみが白ニキビ、黒ニキビに変わる。
  • Ver.3.ニキビが化膿し、赤ニキビとなる。膿が溜まり、触ると痛い。
  • Ver.4.痛みが取れた後に残った赤みや色素沈着、凸凹したニキビ痕の状態。
  •  

    目次

     

     

    Ver.0

     

    やはり、ケアをするならVer.のレベルが低ければ低い方がいい。

     

    例えばVer.0は、まだニキビは出来ていない。しかし、確実に準備中だ。風邪にたとえるなら、『妙なくしゃみ』が出たり、『鼻くそが上手くほじくれない』という状況だ。そういう場合、往々にして人は体調が崩れかけている証拠だ。

     

    ニキビ対策

     

    妙なくしゃみというぐらいだから、普段はしないわけだ。普段はしないようなくしゃみを出すとなると、違和感を覚えた方が良い。鼻くそなども、免疫力が低下すると決まって上手くほじくれない。妙に濡れていたり、ねっとりとした粘膜性を感じると、その後に体調を崩すことが多い。

     

    従って、こうした違和感を察知したら、以下のことをした方が、体調を崩すことなくむしろ回復させることが出来る。

     

    違和感を感じたときの対処法
  • 温かい飲み物を飲む
  • 一枚着こむ
  • 無理をせず休む
  • 薬をその状態で先に飲んでぐっすりと寝てしまう
  • 漢方薬を飲んで白血球の免疫力を上げる
  •  

    Ver.0は、まさにそういう『ケアをするなら今!』の状態である。

     

    また、下記の様な記事を見て、しっかりと対策をしていきたい。

     

    Check!!
  • ニキビの原因と皮脂の分泌量の関係性
  • ニキビと体内毒素の関係性を知り、デトックスの重要性を悟る
  • ニキビの原因の一つは食生活。高脂肪、高糖質、高毒素』。
  • ニキビの原因の一つは睡眠不足や夜更かし・徹夜
  • ニキビの原因の一つはストレスや不安定な精神状態
  • ニキビの原因の一つは活性酸素や紫外線
  •  

    ニワトリ

    本来、葛根湯などの漢方薬や、市販の風邪薬は『風邪をひく直前に飲む』ことが推薦されているね!つまり、ひいてからじゃ遅いんだ!同じように、ニキビも『できる前』に対策をすることが最も重要なポイントだね!これができないから人はニキビになるんだけど!

    ぴよぴよ(後始末ではなく、前始末っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • Ver.0は、『ケアをするなら今!』の状態。
  •  

     

    Ver.1

     

    Ver.1は毛孔角化期(もうこうかくかき)。ニキビの始まりだ。人間の肌の最表面は、角質層という死んだ細胞でおおわれていて、これはおよそ28日周期で肌から離れ、その下で順番待ちしていた新しい細胞群が角質化して、次第に肌の最表面を覆う役割がバトンタッチされる。

     

    具体的に言うと、新しく生まれた細胞は、2週間かけて次第に成熟しながら上の僧に押し上げられていき、さらに2週間かけて表面まで移動する。死んだ細胞はやがてフケやアカとなって皮膚の表面から剥がれ落ちてしまう。

     

    だが、何らかの原因によって、角質層が毛のう壁にたまり、毛のうを狭くしてしまう場合がある。すると、肌の汚れや空気中の塵、肌のアカと混じって毛穴をふさぎ、出口を失った皮脂が毛穴の中にたまり、小さなふくらみをつくってしまうのである。

     

    ニキビ対策

     

    この状態ではまだ中の皮脂が空気に触れていないし、ばい菌に感染していないため、乳白色をしている。いかにニキビをばい菌に感染させないかが重要で、肌を清潔にするよう十分に気を使うべきである。この時期にニキビが治せれば、肌へのダメージが小さくて済み、凸凹のニキビ痕を残す心配はなくなる。

     

    冒頭に書いた、ニキビが出来て、『白い膿』が見えたら(もう潰して大丈夫だ)と思って潰そうとするとなかなか潰れず、(あれおかしいな)と思って力づくでやると、なんとか血と一緒に滲み出るが、そこがそのままシミになって消えなくなる、という段階とは、このVer.1での対応を間違え、悪化させてしまった段階のことである。

     

    ニキビ対策

     

    しかし私は、この段階でとある5,000円もする化粧品を塗り込んで何度か睡眠でもすれば、潰すまでもない様な段階へとみるみる萎んでいって、知らぬ間に消えてしまう、ということを知った。

     

    その化粧品は接着剤のようなサイズでその値段だから馬鹿みたいに高いと思うが、実は、一度に使う量は極めて微量であり、毎日使うわけではないので、一年以上は持つ。だから、月で計算すると500円もかかっていないので、ニキビが出る度に色々な薬を買っては試して、ということをするよりは、これを一つ置いておいた方が遥かに効率的である。

     

    ちなみにそれは美容院で売っているものなので、多分市販では売っていない。しかし、植物由来のもので、薬というよりは自然治癒を促すような体に良い成分が入っている、という類のものだから、気になる人はその様な考え方で探せばいいだろう。それに、こういうものは人それぞれに合う合わないがあるから、自分でカスタマイズする必要がある。

     

    ニキビ対策

     

    つまり、Ver.1で強引に押しつぶしてばい菌に感染させ、悪化のリスクを上げるぐらいなら、例えばこの様な方法で、このVerのときに自然治癒させてしまうことを考えたいのである。

     

     

    ニワトリ

    強引に押しつぶすのはタブーなんだね!子供の頃にそう聞いていたはずだけど、もっともっと強く言われる必要があったね!本当にタブーだから!ちょっとしか言われなかったから、平気でやるようになっちゃったんだけどね!

    ぴよぴよ(親分はやんちゃっすからね)!

    また、この5,000円の化粧品はかなり効くよ!なんか、市販のCMでやってるようなやつがバカみたいっていうくらいだね!ターンオーバーを活性化させるやつだから、結局は一番大切なのはターンオーバーってことになるね!

     

     

    この章のまとめ
  • Ver.1はニキビの始まり。
  • いかにニキビをばい菌に感染させないかが重要。
  • ニキビを強引に押しつぶすのはタブー。
  •  

     

    Ver.2

     

    Ver.2は、『白ニキビ、黒ニキビ』だ。Ver.1よりも皮脂を蓄えてふくらみが大きくなり、悪化した状態。白よりも黒の方が重い。空気に触れてホコリや皮膚表面の酸化物などがくっつき、悪化している状況だ。

     

    この状態でも、まだばい菌に感染していない。だが、もしふくらみが大きいからといって指で触ったり、私のように力づくで潰してしまおうとすると、悪化させることになる。その為、間違ってもこれを自分の手でむやみに触らないことだ。この状態ならまだ、治癒すればニキビ痕を防げる。

     

     

     

    ニワトリ

    この状態でも、まだばい菌には感染していないんだね!一見、黒ニキビっていうくらいだから感染しているようなイメージだけど、大丈夫なんだね1だけど、何かふくらみ的に、手で潰そうなきがしてくるんだけど、絶対に触らない方がいいよ!

    ぴよぴよ(まだ助かるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • Ver.2は、『白ニキビ、黒ニキビ』。
  • 白よりもの方が重い。
  • この状態ならまだ、治癒すればニキビ痕を防げる。
  •  

     

    Ver.3

     

    Ver.3は、『赤ニキビ』だ。この状態は、毛のうの奥に棲みついていたニキビ菌が、詰まった脂をエサにして活発に活動をはじめ、周囲の毛のうにもばい菌が広がってしまっている。更に、普段は害のない皮膚にいる常在菌までもが、毛のう内へと侵入してしまう。

     

    すると、ばい菌が一気に集まってくることでニキビが感染症をおこし、ふくらみが赤く腫れあがり、痛みと痒みを伴うようになる。ばい菌の絶好の餌場となった皮脂には、ブドウ球菌や大腸菌といった常在菌までもが集まってきてしまう。これらの酸素を好むような菌までもがニキビに感染すると、複合感染というやっかいなものを引き起こし、炎症が非常に重くなってしまう。

     

    ニキビ対策

     

    従って、その様な状況に陥らない様に、赤ニキビの初期段階でケアをすることが大切だ。むしろそうしないと、見るも無残な化膿タイプのニキビにまで悪化して、完治させることが困難となる。そして当然、今までのVerと同じように、間違ってもこれを自分の手でむやみに触らないことだ。

     

     

    ニワトリ

    これは最後の段階の一歩手前だよ!ここまでくるとばい菌だらけになってしまって、完治には苦労することになるね!だからここに至るまでに何とかして治さなければならないんだ!だけど、赤ニキビの段階で治せれば、最悪の結果になることだけは防げるよ!

    ぴよぴよ(ここまでくる前に何とかするっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • Ver.3は、『赤ニキビ』。
  • 赤ニキビの初期段階でケアをすることが大切。
  •  

     

    Ver.4

     

    Ver.4は、 もうシミになるか、凸凹としたニキビ痕が残るかの覚悟が必要で、シミで済めば儲けものだと考えた方が良い。

     

    荒れ果てた肌は、乳頭形成や真皮の弾力繊維という皮膚にハリを与える組織が崩れ、ニキビ菌をはじめとするばい菌の死骸などの汚れを取り込んだ汚い組織がひとかたまりになっている。その為、肌は毛穴の奥が傷ついただけでなく、見た目にもハリやみずみずしさがない。シミになるニキビ痕タイプにもっていくことができたら、喜ばなければならない。

     

    ニキビ対策

     

     

    ここで考えるのはここまでとする。また違う記事に具体的に対策を書くが、まずは、Ver4にまで状態を悪化させない様に、厳重な注意をしていく必要があるだろう。ニキビに限らず様々な病気は、初期の段階でケアをすれば案外大事にはならない。

     

    私で思い当たることで考えても、ニキビもそうだし、風邪や、持病の口唇ヘルペスもそうだ。どれも、初期の段階で、

     

  • ゆっくり休む
  • ビタミンCを摂る
  • 漢方薬を飲む
  • 市販の風邪薬を飲んでぐっすり寝る
  • 温かくする
  • 化粧品を塗る
  • 薬を塗る
  •  

    などという対策を取れば、ほぼ悪化する前に治ってしまうのだ。しかし、(まあ今回はいいか)と怠ると、決まってそのまま病原菌に毒されることになる。

     

    悪化する前にケア。これを念頭に置きたい。

     

    ニワトリ

    ver.4の段階まで行ってしまえば、もう『シミで済めば儲けもの』だから参っちゃうよね!とにかく、早め、早め、早めを頭に叩き込もう!なってからじゃ遅いっていうことが、この世にはあるんだよ!

    ぴよぴよ(深いっす親分、深すぎるっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • Ver.4は、 シミになるか、凸凹としたニキビ痕が残るかの覚悟が必要で、シミで済めば儲けもの。
  • 悪化する前にケアを念頭に置きたい。
  •  

     

     

    関連記事

  • 肌のバリア機能を破壊するもので最も代表的なのは『界面活性剤』
  • シャンプーの最適化によって背中のニキビを防ぐ
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    バストアップ

    バストアップ

    バストアップのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP