ニキビ治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

ニキビの原因の一つは活性酸素や紫外線って本当?

 

質問

ニキビの原因の一つは活性酸素や紫外線って本当?

 

答え

本当です。紫外線がアクネ桿菌を、煙草やストレスなどによって発生する活性酸素で、皮膚のバリア機能が低下し、ニキビの原因となります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

大気汚染や化学物質などの摂取によっ体内に発生する活性酸素。簡単に言うと、『寿司がどんどん酸化していく』あの現象と同じことが、体内でも起こるよ!つまりいろいろな場所がどんどん劣化していくんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 1:紫外線と活性酸素が生み出す酸化とは
  • 2:紫外線との上手な付き合い方
  • 3:活性酸素の原因は紫外線だけではない
  • 4:有害物質を除去するために総動員されるビタミンたち
  •  

    目次

     

     

    紫外線と活性酸素が生み出す酸化とは

     

    この記事は、

     

  • ニキビの原因と皮脂の分泌量の関係性
  • ニキビの原因の一つはホルモンバランスの乱れ
  • ニキビと体内毒素の関係性を知り、デトックスの重要性を悟る
  • ニキビの原因の一つは食生活。高脂肪、高糖質、高毒素』。
  • ニキビの原因の一つは睡眠不足や夜更かし・徹夜
  • ニキビの原因の一つはストレスや不安定な精神状態
  •  

    と併せて考えていきたい。 それらにも書いた様に、活性酸素や紫外線もニキビの原因となる。

     

    ニキビ対策

     

    EDと活性酸素の密接な関係性。酸化が引き起こす弊害』にも書いた様に、活性酸素とは、酸化だ。人間の体内で発生する活性酸素は毒性が強く、あらゆるところを酸化させ、鉄がさびてボロボロになるのと同じように、人間の『鮮度』を落とす。老化とは、この活性酸素の攻撃によって組織や細胞が変質したり弱ったりする現象をいうのだ。

     

    皮脂が毛穴に詰ってニキビとなるが、更に具体的にいうと、毛穴に詰ってしまった皮脂が酸化されて、遊離脂肪酸や過酸化脂質という物質に変わるとコメド(面皰)が作られ、ニキビが発生する。コメドが炎症を起こし、ニキビを悪化させるのは、この『酸化』が大きな要因となる。活性酸素による酸化が引き起こす弊害はニキビやEDだけではない。詳しくはリンク先の記事と併せて考えていきたい。

     

    ED

    ED

    ED治療のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    また紫外線だが、これらはまさにその活性酸素を発生させてしまう原因となる。日焼けによって皮膚に炎症が起こるのも、紫外線によって生成される活性酸素が原因なのである。また、紫外線を浴びて、毛穴に詰まった皮脂が酸化されるせいでコメドが作られるし、アクネ桿菌が分泌する。ポルフィリンに紫外線が当たると、活性酸素が大量に発生する。

     

    ニワトリ

    アクネ桿菌っていうのは皆が持っているものだけど、それが汚れなんかによって増殖してしまうとニキビになるんだ!つまり、紫外線を浴びてアクネ桿菌が分泌するのであれば、やっぱり紫外線はニキビの原因になりがちってことだね!

    ぴよぴよ(日焼けのヒリヒリとニキビのダブルパンチって痛いんすよね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 活性酸素や紫外線もニキビの原因となる。
  • ニキビを悪化させるのは、『酸化』が大きな要因となる。
  • 紫外線は活性酸素を発生させてしまう原因となる。
  •  

     

    紫外線との上手な付き合い方

     

    太陽の光には、以下の紫外線が含まれている。

     

    太陽光に含まれる紫外線の種類
  • UVA
  • UVB
  • UVC
  •  

    そのうちオゾン層を通過し、人間に届くのはUVAとUVBだ。日焼け止めの表示に『SPF』だとか『PA+』だとかいう表示をよく見るはずだが、『SPF』というのは紫外線β波、つまりUVBをカットする力を表したもので、『PA』というのは紫外線α波、つまりUVAをカットする力を表したもの。

     

    UVBは『肌がひりひりする』といったサンバーンを起こす紫外線で、UVAはひりひりはないが、肌の深部にまで到達し、シミやシワの原因となる。

     

    ニキビ対策

     

    ちなみに、日焼け止めの効果を最大限に発揮させる為に必要なのは、『SPF』の数値とか、『PA』の数値というよりは、1,2時間置きに塗り直すということだ。

     

    つまり、どんなに数値の低い日焼け止め(今はもうそういうものはないが)でも、何度も塗り直し、それが肌をバリアしていれば、紫外線をカットできるのである。逆に言うと、どんなに性能のいい日焼け止めでも、それが汗や水で剥がれ落ちてしまったなら、何の効果も得られないというわけだ。

     

    そしてニキビができやすい人は、肌を強い直射日光に長時間当てるのは百害あって一利なしだ。紫外線による殺菌効果が期待できるのは、ニキビのできはじめの時期だけ。しかも、強い昼の太陽の下では肌が炎症を起こしてしまい逆効果なので、日の出や日の入りのやわらかな光に10分程度当てるだけで十分。

     

    ただし、『適度に紫外線を浴びる』ことは、健康にとっては必要なことだ。角質層のバリア機能は、紫外線を完全にはブロックしないようになっている。つまり、多少は吸収しようとするのだ。なぜなら紫外線から受けた皮膚はビタミンDを作り出し、そのビタミンCはカルシウムを体内に取り込みやすくすることで丈夫な骨や歯をつくることができるからだ。

     

    ニキビ対策

     

    本来、肌のバリア機能は人体にとって有害なものから身を守る働きをしているため、このバリア機能が正常に働いている以上は、多少の紫外線は、むしろ健康に良い。冷静に考えて、紫外線を全く浴びない様にする為に、常に建物の中にいて、あるいは常に日光に対して嫌悪の念を抱き、ピリピリしてイライラした生き物が、あまり健全な姿とは思えないはずである。

     

    ニワトリ

    多少の紫外線は殺菌効果があるし、ビタミンDを作り出したりして健康にいいけど、その度合いが大切で、ほんのちょっとでもいいんだ!しかも、紫外線っていうのは室内にいても十分浴びることになるから、わざわざ日焼けをする必要はないのさ!

    ぴよぴよ(日焼け防止には室内対策も必要って言うっすもんね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 太陽光に含まれる紫外線の種類を確認する。
  • オゾン層を通過し、人間に届くのはUVAとUVB。
  • SPF』は紫外線β波、つまりUVBをカットする力を表したもの。
  • PA』は紫外線α波、つまりUVAをカットする力を表したもの。
  • 日焼け止めの効果を最大限に発揮させる為に必要なのは、1,2時間置きに塗り直すということ。
  • 多少の紫外線は、むしろ健康に良い。
  •  

     

    活性酸素の原因は紫外線だけではない

     

    また、『ニキビの原因の一つはホルモンバランスの乱れ』にも書いた様に、ホルモンバランスの乱れがニキビの原因となるわけだが、女性の場合、毎月の生理前に訪れる『黄体期』には、紫外線感受性が高まる。つまり、普段よりも紫外線に敏感になり日焼けしやすくなるので注意が必要だ。

     

    更に、そうした乱れでストレスがたまると、自律神経の働きによって副腎皮質ホルモンが分泌される。このホルモンが、シミの原因となるメラニンの生成に関係があり、増えるとシミができやすくなるのだ。

     

    ニキビ対策

     

    活性酸素の原因は紫外線だけではなく、下記など様々なものがある。

     

    活性酸素の原因
  • 水質汚染
  • 大気汚染
  • 農薬・殺虫剤などの化学物質
  • 電磁波を発生する電化製品
  • 経済不安
  • 健康不安
  • 人間関係のストレス
  • 過度な運動
  • 食事
  • タバコ
  •  

    各記事で書いている様に、基本、うつ病あがり症EDワキガ口臭薄毛等といったこれらのよくある人間のコンプレックス的な問題は、『食事、睡眠、運動』という基本中の基本を、極めて最適化することで、ホルモンや脳内物質のバランスを最適化し、美と健康を維持、向上させることが出来る。

     

    これは、全ての専門書を見れば明らかになることだ。タバコやストレスも、全ての専門書に必ず『NGだ』と出て来る。これら5大要素は必ず最適化する必要がある。

     

    煙草、紫外線、排気ガス、スナック菓子などは、どう考えたって人間の心身にいい影響は与えない。大雑把に言えばこれらを体内に取り入れることは、まるで『毒素を摂取している』と言っても過言ではないわけだ。

     

    ニキビ対策

     

    『10万円のクリームより効く『何もつけない』美肌ケア』(マキノ出版)にはこうある。

     

    ---------------▼

     

    煙草には数百種類の有害物質が含まれているといわれています。その代表であるニコチンは、交感神経の働きを活発にさせ、心拍数や血圧が上昇すると同時に全身の血管を収縮させます。肌に向かう血管も収縮して血流が低下し、肌にとって必要な酵素などの栄養分が少なくななります。

     

    そうすると、十分な角質細胞間脂質や天然保湿因子がつくられず、バリア機能の弱い肌になってしまいます。

     

    また、喫煙によって真皮に含まれるコラーゲン繊維の生産量が低下し、肌のハリが少なく、たるみやクマが目立ちやすい肌になります。

     

    ---------------▲

     

    紫外線の説明で、『バリア機能が正常に働いている以上は、多少の紫外線は、むしろ健康に良い』ということを書いたが、喫煙によってそのバリア機能が低下することがあるのだ。煙草を吸うことのデメリットから目を逸らさないようにしたい。

     

    ニワトリ

    活性酸素の原因は、大気汚染や化学物質、タバコなどが挙げられるわけだね!しかも煙草っていうのは前述したこと以外にも、ありとあらゆる弊害を招くことになるから、百害あって一利なしだよ!『一利』もないんだ!

    ぴよぴよ(リラックス効果はないっすか)?

    それは単なる勘違いだよ!ある種のニコチン依存になるだけなんだ!『ないと落ち着かない』っていうね!だけど禁煙した人は皆、『なくても大丈夫』って言うよ!つまり依存していただけなんだね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 女性の場合、毎月の生理前は、普段よりも紫外線に敏感になり日焼けしやすくなる。
  • 活性酸素の原因を確認する。
  • 5大要素は必ず最適化する。
  • 喫煙によってそのバリア機能が低下する。
  •  

     

    有害物質を除去するために総動員されるビタミンたち

     

    また、『煙草の煙』がダメなら、もちろん空気中にある有害物質なども当然悪影響となる。

     

    空気中にある有害物質
  • 洗剤やタール
  • 道路塗装用に使われるピッチ
  • 除草剤・殺虫剤の工場から出る廃棄物(ダイオキシン、パラ、テトラクローロジペンゾ等)
  •  

    これらの芳香性の炭化水素の塩化物が皮膚についたり吸い込んだりすると、塩素性アクネ(クロールアクネ)を生じることがある。これは中毒症状を伴うコメド性アクネで毒性が強く、かなりの長期にわたるのが普通だ。外因性アクネには、太陽光線、放射線などによって発生するものもある。

     

    ニキビ対策

     

    また、有害物質を除去してくれるビタミンCやEは、化学物質が増えすぎて体のあちこちにたまると、それを取り除くためにビタミンが総動員される。本来皮膚で使われるべきビタミンもそれに駆り出されてしまうので、皮膚の抵抗力が低下し、炎症や湿疹、ニキビなどの皮膚疾患を起こしやすくなるのだ。

     

    そこで注目したいのは『ニキビと体内毒素の関係性を知り、デトックスの重要性を悟る』にも書いたような『デトックス』、また、体内にある過剰になった活性酸素や過酸化脂質を除去する物質についてである。

     

    酵素、『色素類、そして、『抗酸化食品』だ。

     

    酵素
  • SOD(スーパーオキサイドジスムターゼ)
  • ペルオキシターゼ
  • カタラーゼ
  •  

    色素類
  • カロチノイド
  • ポリフェノール
  •  

    抗酸化食品
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • コエンザイムQ10
  •  

    これらのラジカルスカベンジャー(体内の掃除屋)に積極的に目を向け、酸化を防ぎ、活性酸素の除去に努めることが必要となるのだ。

     

    ニキビ対策

     

     

    Check!!
  • 脂肪分とワキガ。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸
  • ワキガと食生活の密接な関係性。欧米食が引き起こす弊害
  • ワキガを抑える為の食事のポイント。ビタミンA・C・E 
  •  

    ニワトリ

    ビタミンCやEが有害物質を除去してくれて、ビタミンB群が皮脂の代謝を促す。つまり、欧米食やジャンクフードばかり食べていると、それらに含まれる『いかがわしい物質』を除去するために、あらゆるビタミンが消費され、体内からビタミンが消えるんだね!

    ぴよぴよ(そうなるとどうなるっすか)?

    たちまち至るところに不調が出てくるってことだね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 空気中にある有害物質なども悪影響となる。
  • 有害物質を除去してくれるビタミンCやEは、化学物質が増えすぎると対応しきれない。
  • 酵素』、『色素類』、そして、『抗酸化食品』といったラジカルスカベンジャー(体内の掃除屋)に積極的に目を向け、酸化を防ぎ、活性酸素の除去に努めることが必要。
  •  

     

    Check!!
  • ニキビの原因の一つは食生活。高脂肪、高糖質、高毒素』。
  •  

     

     

    関連記事

  • ニキビの原因とも言える皮脂の分泌量!変化するタイミングや理由とは
  • 荒れた食生活で腸の働きが低下するとニキビができやすいって本当?
  • スポーツとニキビの関係性はあるか?汗、ホコリ、紫外線、活性酸素
  • アルコールとニキビの関係性はあるか?中性脂肪と免疫力
  • 便秘とニキビの関係性はあるか?皮脂の分泌と有害物質の排出
  • エアコンの効きすぎとニキビの関係性はあるか?汚れた空気
  • 季節の変わり目とニキビの関係性はあるか?表皮と皮脂の詰まり
  • 肌の乾燥とニキビの関係性。皮脂の過剰分泌と常在菌の殺菌
  • ニキビはできやすい人とできにくい人がいるのか
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    バストアップ

    バストアップ

    バストアップのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP