ニキビ治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

適切なニキビの治し方は?やっぱり薬がいい?それとも皮膚科?

 

質問

適切なニキビの治し方は?やっぱり薬がいい?それとも皮膚科?

 

答え

皮膚のターンオーバーを促す治し方が適切です。薬でもいいですし、ビタミン剤でもいいですが、結局重要なのは、皮膚のターンオーバーを促すということです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

ニキビの薬やビタミン剤は、結局皮膚のターンオーバーを促すために飲んだり塗ったりするんだよ!だから、一番大事なのは皮膚のターンオーバーを促すことなんだ!再生能力を信じ、それを助けるんだ!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • ニキビの治し方は何よりも早く対処することが重要
  •  1-1:ニキビはどうしてできるの?
  •  1-2:ニキビができた時の治し方について
  •  

  • ニキビを治すのに皮膚科に行けない間は、市販の薬で対応
  •  2-1:女性はニキビを化粧で隠すこともできる
  •  2-2:市販で販売されている薬はどんなものがある?
  •  

  • ニキビを治したいなら、やはり皮膚科がオススメ
  •  3-1:皮膚科で処方される薬は体質によって効き目が変わる
  •  3-2:皮膚科で処方される薬の種類
  •  

    目次

     

     

    ニキビの治し方は何よりも早く対処することが重要

     

    ニキビは男性女性問わず肌にできてしまうもので、嫌なタイミングの時に限って、作られてしまうものでもあります。ニキビは悪化していくと肌トラブルやニキビ跡が残ってしまうこともありますので注意しなければなりませんが、ニキビができた後の治し方を知らないという人が多いのも事実です。

     

    ニキビ対策

     

     

    ニキビはどうしてできるの?

    ニキビは毎日のストレスや食事の乱れによって、肌に作られてしまうことが多いと思われています。脂っこい食事などを取り過ぎると、できてしまうことも多いのですが、男性と女性によってニキビができる原因は少し異なります。

     

    男性の場合は、汗を掻く量が多いので毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすいという傾向があり、ニキビができやすくなってしまいます。

     

    女性の場合は、化粧の洗い残しや皮脂をキチンと洗い流せていないことにより、ニキビが作られてしまうことが多いと言われているのです。

     

    ニキビ対策

     

    これらの他にも、ニキビが作られやすい体質になってしまっている人もいて、毛穴の汚れが溜まりやすくなっている人もいます。ニキビができやすい体質になってしまった人は、以下のことにより体に変化が現れている可能性があります。

     

    ニキビに影響する条件
  • 睡眠不足
  • 少し質の悪いお肉を大量に食べた
  • 脂っこい物を食べた
  •  

    これは男性や女性にもいえることで、乾燥肌の人や敏感肌の人、皮脂が溜まりやすい人などは、特にニキビができやすく注意が必要です。

     

    ニキビ対策

     

    ニワトリ

    男女によってニキビのできる原因がちょっと違うんだね!男女は体質も違うし、生活スタイルも違うからね!皮脂が多いのは男性だし、化粧をするのは女性だしね!そのあたりの差異が、ニキビのできかたに影響してるってことさね!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • ニキビは毎日のストレスや食事の乱れによって、肌に作られてしまうことが多い。
  • 男性のニキビの原因は、汗を掻く量が多いく、毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすいこと。
  • 女性のニキビの原因は、化粧の洗い残しや皮脂をキチンと洗い流せていないこと。
  • 乾燥肌の人や敏感肌の人、皮脂が溜まりやすい人などは、特にニキビができやすく注意が必要。
  •  

     

    ニキビができた時の治し方について

    ニキビの治し方といっても、治し方は人それぞれでもあり、病院に行かないという人もいます。一般的なニキビの治し方はスキンケアで治していったり、食生活を見直すことで改善していくことができると思われています。

     

    しかし、これは自宅で行うケアとしては良いのですが、ニキビを早く治したい方には、あまりオススメできません。専門家である皮膚科に行ってニキビ治した方が、ニキビ跡も残らずにキレイに治すことができるでしょう。ということは、スキンケアで行う治し方よりも、内服薬を使って内側から改善していく方が、早く治すことができるという意味でもあります。

     

    ニキビ対策

     

    皮膚科ではニキビの症状が肌に出てしまうことで、通院している患者さんも少なくありません。ニキビができやすくなっている患者さんは、ニキビができた際には皮膚科に行くことが主流になっている人もいます。最近では、食生活や生活習慣が崩れている人が多いため、皮膚科に通ってニキビを治そうと考えている患者さんも増える傾向にあるようです。

     

    このように、一概にニキビができてしまうといっても、いろいろな原因が考えられますので、専門家である皮膚科に行って治療を行うことをオススメします。ニキビはできた後に、どれだけ早く治す方法を取るかによって、治りが早くなったり遅くなったりしますので、ニキビができたら可能な限り早く皮膚科に行って、診察を受けた方が良いといえます。

     

    ニキビがない状態であっても、皮膚科に通ってニキビができないようにしている患者さんもいますので、キレイな肌のうちから予防をしておくのが何よりの対処法と考えられます。ニキビはできてから通院しても遅くはありませんが、毎日のスキンケアをきちんと行うことや、食生活などに気を付けることで、ニキビができないようにすることが肝心でしょう。

     

    ニキビ対策

     

    ニワトリ

    ちょっと前までは皮膚科に行ったところで『イオンカンフルローション』を処方されるだけの、ぞんざいな治療しかなかったみたいだね!散々な目に遭ったっていう人の本がたくさん出てるよ!また、早め早めのケアは本当に大事だよ!極めて、と言っていい。

    ぴよぴよ(親分が下記にリンクを貼ったっす)!

     

    Check!!
  • 取り返しのつかなくなる前に段階別ニキビ対策。ニキビ痕を防げ!
  • かつての日本のニキビ治療の常識!間違いだらけのイオウカンフルローション
  •  

     

    この章のまとめ
  • ちょっと前までは皮膚科に行ったところで『イオンカンフルローション』を処方されるだけの、ぞんざいな治療しかなかった。
  • 今では内服薬を使って内側から改善していき、早く治すことができる。
  • 毎日のスキンケアをきちんと行うことや、食生活などに気を付けることで、ニキビができないようにすることが肝心。
  •  

     

    ニキビを治すのに皮膚科に行けない間は、市販の薬で対応

     

    ニキビができてしまっても、仕事が忙しくて病院に行けない、という人も多いのではないでしょうか。皮膚科は夜間の診療なども行っていますが、仕事が終わってから受診できるような病院は限られています。よって仕事に行く時にマスクをして隠している人もいますが、マスクをしてしまうとニキビには逆効果になってしまうので注意しましょう。

     

    ニキビ対策

     

     

    女性はニキビを化粧で隠すこともできる

     

    マスクで隠そうと考えていても、1日中同じマスクをしていると衛生的にも良くありません。マスクについたニキビの菌がいろいろな場所に触れることで、ニキビが広がってしまうこともあります。

     

    また、マスクが擦れてニキビに刺激を与えてしまったり、炎症を引き起こしてしまうこともあるのです。

     

    ニキビ対策

     

    女性の場合であれば、会社に行く時にお化粧を行うため、それで少しは目立たないように隠すことができます。お化粧をすると意外とニキビを隠すことができ、少しポコッとする程度なので、ニキビができてもホッとすることも多いと思います。

     

    しかし、あまり長期間にわたってニキビをお化粧で隠していると、ニキビができている部分が炎症になってしまったり、悪化してしまうこともありますので注意しましょう。皮膚科などの病院を受診しようと思っていても、なかなかその時間を作ることが忙しくてできない場合もあります。

     

    このような場合はお化粧で隠すだけでなく、市販で販売されているニキビの薬を使って、毎日ケアをしてあげるようにしましょう。ニキビの薬を使うことで、ニキビの炎症や悪化を防げるようになりますので、皮膚科に行けないような時にはオススメの方法となっています。

     

    ニワトリ

    マスクも化粧も、あくまでも『一時的に覆い隠す』ことが目的であって、『治療ではない』ってことだね!しかも細菌が移っちゃうわけだから、マスクだったりシャツだったり、伝染しちゃいそうなものは頻繁に新しいものに変えよう!怪我をしたときもガーゼをそうやって取り替えるよね!

    ぴよぴよ(細菌と戦っているっていう意識を持つっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • マスクについたニキビの菌がいろいろな場所に触れることで、ニキビが広がってしまうこともある。
  • マスクが擦れてニキビに刺激を与えてしまったり、炎症を引き起こしてしまうこともある。
  • 長期間にわたってニキビをお化粧で隠していると、ニキビができている部分が炎症になってしまったり、悪化してしまうこともある。
  • 皮膚科に行けないような時には市販で販売されているニキビの薬を使って、毎日ケアをしてあげる。
  •  

     

    市販で販売されている薬はどんなものがある?

     

    市販で販売されているニキビの薬は、以下などに分かれています。

     

    ニキビ薬のジャンル
  • 飲み薬
  • 塗り薬
  • 漢方タイプの飲み薬
  •  

    市販で販売されているニキビの飲み薬の場合はビンのタイプが多く、ビオチングルクロノラクトンなどのビタミン剤がバランス良く配合されたものが多くなっています。市販の内服薬ということもあり目に見える効果はありませんが、長期間服用していれば、ニキビに効果が見られるようになっていきます。

     

    ニキビ対策

     

    市販で販売されているニキビの内服薬はビタミン系が多く含まれているということもあり、肌のターンオーバーを助ける働きを利用してニキビを治していきます。なので、ニキビの治りも肌のターンオーバーに合わせて行われますので、皮膚科の薬に比べると治りは遅いと考えられています。

     

    ニキビの薬として販売されている塗り薬はベタッとするものが多く、あまり好まれないのは事実です。しかし、塗り薬といっても効果や即効性が高いという特徴があります。また、価格が安いということもあり、夜間のニキビケアとして使われることもあるのです。

     

    ニキビ用の塗り薬は、赤みを消したり炎症を抑える薬として使われることが多く、塗り薬を使用していることでニキビが消えるというものではありません。なので、できるだけ時間がある時や休みの時間を利用して、皮膚科で薬をもらって治す方が良い方法であると考えられます。

     

    ニキビに対しての専門家である皮膚科に行くことができれば、1~2週間程度の薬をもらうことができますので、その間にニキビが治ってしまうことも多いのです。

     

    ニワトリ

    『その間に治っちゃう』っていうのがポイントで、人間のターンオーバー(再生能力)の力で、本当は結構治っちゃうんだよね!清潔にして、潰したり汚したりせず、ターンオーバーを手伝う動きを取っていれば、自然に治る!『外部依存』ではなく、『内部強化』をイメージしたいね!

    ぴよぴよ(ビタミン剤や薬も、結局その『内部強化』っすもんね)!

    そう。薬だから一見すると『外部依存』に見えるけど、実際は内部を強化させるために飲むんだ1

     

     

    この章のまとめ
  • 市販で販売されているニキビの飲み薬の場合は長期間服用していれば、ニキビに効果が見られる。
  • 皮膚科の薬に比べると治りは遅い。
  • ニキビ用の塗り薬は、赤みを消したり炎症を抑える薬。
  •  

     

    ニキビを治したいなら、やはり皮膚科がオススメ

     

    人はニキビが顔にできてしまった時は、

     

  • 隠す
  • 病院に行く
  • そのままにしておく
  •  

    ということで悩むことも多いと思います。ニキビは、できたと分かった段階で早めに治療を行うと、早く治ることでも知られています。市販で販売されている薬よりも、皮膚科の薬で治療を行う方が効果的で早く治るといわれていますので、できるだけ皮膚科で治療をしてニキビ跡が残らないようにしましょう。

     

    ニキビ対策

     

     

    皮膚科で処方される薬は体質によって効き目が変わる

     

    ニキビができるとどうしても気になってしまい、薬を使ってすぐに何とかしたいと考える人が多いかもしれません。そんな時は、市販の薬よりも効果が高い皮膚科の薬を使って治す方が早いでしょう。皮膚科に行ってみると、ニキビに聞くといわれている薬がたくさんあるのですが、ニキビの診察によってその人の症状に適している薬をもらうことができます。

     

    皮膚科の医師は、診察でニキビを見たりすることで何が原因でニキビが作られているのかが、ほとんど分かります。それによって処方される薬が変わったり、体質の問題などもありますので、いろいろな薬を準備しています。

     

    同じ薬を使ったとしても、体質によっては患者Aさんが治っても、患者Bさんは治らないこともあります。このような場合は、医師に相談をして薬を変えてもらうと良いかもしれません。

     

    ニキビ対策

     

    ニワトリ

    さっきリンクも貼ったように、以前ならイオウカンフルローションを処方するだけの、ぞんざいな治療しかなかったんだ!ただただ『油を避け、イオウカンフルローションを塗っていれば治る』とだけ言われていた。15年前に比べれば格段に医療は進歩したね!

    ぴよぴよ(その時代の人が気の毒っす)!

     

     

    この章のまとめ
  • ニキビは、できたと分かった段階で早めに治療を行うと、早く治る。
  • 皮膚科の医師は、診察でニキビを見たりすることで何が原因でニキビが作られているのかが、ほとんど分かる。
  •  

     

    皮膚科で処方される薬の種類

     

    皮膚科では様々な薬があると説明しましたが、内服薬や塗り薬などの種類によっても様々な種類があります。主に皮膚科で処方される薬は、抗生物質が入っている薬やビタミン剤などが含まれている薬を処方されることが多いのです。

     

    ニキビのほとんどは、ニキビの原因でもあるアクネ菌が繁殖していると考えられていて、菌を抑えるために抗生物質を使用してニキビの赤みを改善していきます。ビタミン剤は皮膚の組織の回復を早めたり、肌の新陳代謝を高める効果があります。これによりターンオーバーに近い現象が起こり、ニキビが早く治るように促してくれます。

     

    ニキビ対策

     

    他には、以下などを処方されることもあります。

     

    病院で処方される薬の種類
  • 抗炎症剤
  • 皮脂分泌抑制剤
  • 抗ニキビ剤
  • 過酸化ベンゾイル配合のニキビの新薬
  •  

    抗炎症剤には飲み薬と塗り薬があり、ニキビが酷く炎症している患者さんなどに処方されます。

     

    ニキビ対策

     

    女性の場合は、ホルモンバランスの乱れからニキビができてしまうこともあります。この時は、皮脂分泌抑制剤を使って過剰な皮脂の分泌を抑えることで、ニキビを治療していきます。

     

    皮膚科によっては、新薬を使ってニキビに対する効果を確認したい、というところもあります。過酸化ベンゾイル配合のニキビ新薬は2015年に登場したもので、アクネ菌を殺菌力することができるといわれています。また、炎症と皮脂の過剰分泌を抑える働きもありますので、これ一つでニキビの治療を行うことができる画期的な薬なのです。

     

    しかし、これはニキビができている全般の人に効果があるとはいえないことで、薬の効果を感じられるかどうかを試す時もあります。この新薬を使っても効果がないと皮膚科の先生が感じた時は、新たな薬で対応してもらえますので、心配しなくても大丈夫でしょう。

     

    ニワトリ

    2015年に登場したっていうくらいだから、そのイオウカンフルローションの時代から比べると、間違いなくレベルアップしてるよね!だからまずはその進歩した医療技術に頼ってみよう!まだ確実ではないけど、たくさんの人がひどい目に遭ってきた事実が、ちゃんと活かされているよ!

    ぴよぴよ(積み重ねで進歩してきたっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 主に皮膚科で処方される薬は、抗生物質が入っている薬やビタミン剤などが含まれている薬を処方されることが多い。
  • 女性の場合は、ホルモンバランスの乱れからニキビができてしまうこともある。
  • そういう場合は、皮脂分泌抑制剤を使って過剰な皮脂の分泌を抑えることで、ニキビを治療していく。
  • 過酸化ベンゾイル配合のニキビ新薬は画期的な薬だが、ニキビができている全般の人に効果があるとはいえない。
  •  

     

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    バストアップ

    バストアップ

    バストアップのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP