ニキビ治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

ニキビに効く三大スキンケアの一つ『洗顔』の正しい方法とは

 

質問

洗顔の方法を間違えると、やっぱりニキビになるの?

 

答え

はい。間違った洗顔料や洗顔方法を続けていると、ニキビ肌の改善どころか、悪化さえしかねないということになります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

デトックス機能の衰えが原因でできるのがニキビ。デトックス後、毛穴に皮脂やアカなどが詰まってしまうことは何としても避けたい!今回は正しい洗顔方法について、詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • デトックス機能の衰えがニキビを作る
  • 正しい洗顔方法をしてニキビ予防を
  •  

    目次

     

     

    デトックス機能の衰えがニキビを作る

     

    ニキビ肌ではなく美肌を作るには、洗顔が重要。また洗顔と同じくらい重要なのは、肌機能の活性化と保湿だ。以下の3つがスキンケアの大原則である。

     

    3大スキンケア
  • 洗顔
  • 肌機能の活性化
  • 保湿
  •  

    ニキビ対策

     

    老廃物を肌の外へ排出するという肌機能が衰えているからこそ、ニキビは出来る。この働きを正常化させれば、ニキビは退治できる。肌細胞が正常に働き、必要なものはきちんと吸収し、不要なものは外へ出す。それができていればニキビの元はできない。同じオイリー肌でもニキビができない人がいるのはこの違い。そういう人は肌の機能がきちんと働いているのである。

     

    アウトサイド・イン(遺伝の親や、薬や医者のせいにする)ではなく、インサイド・アウト(自分が最高のエステティシャンであり、管理人になることを知る)こそがニキビ治療においても原則となる。

     

     

    ニワトリ

    インサイド・アウトっていうのは、『原因が自分にある』っていう考え方のことだよ!だから、体内毒素も含めて、生活習慣を見直し、改善せずに、『ほかに原因がある』っていう人は、アウトサイド・インの発想ってことだけど、それじゃいつまで経っても改善されないね!

    ぴよぴよ(自分とよく向き合うことが問われるっす)!

     

    Check!!

    アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。

    外(環境)が自分の運命を握っているのではない。内(自分の心)がそれを握っているのだ。

     

     

    この章のまとめ
  • 老廃物を肌の外へ排出するという肌機能が衰えているからこそ、ニキビは出来る。
  • アウトサイド・インではなく、インサイド・アウトこそがニキビ治療においても原則。
  •  

     

    正しい洗顔方法をしてニキビ予防を

     

    ニキビは毛穴に皮脂やアカなどが詰まってしまうことからできる。洗顔で皮脂やアカなどをきれいに洗い流し、常に清潔な皮膚を保つことがニキビの予防につながるわけだ。しかし、もしその洗顔方法が、下記のようなものであれば、ニキビ肌の改善どころか、悪化さえしかねないということになる。

     

    間違った洗顔方法
  • 朝起きた時冷たい水道水で顔の表面を撫でるだけ
  • ノーメイクのときも濃いメイクのときも同じ洗い方をする
  • 洗顔ブラシやナイロンタオルで肌をゴシゴシこする
  •  

    ニキビ予防になる『正しい洗顔方法』は、こうだ。

     

    正しい洗顔方法
  • 1.ぬるめのお湯を使う
  • 2.メイクや汚れなどをしっかり洗い落とす
  • 3.余分な皮脂を取り除く
  • 4.シャワーを利用するなど、きれいな水で洗顔料を洗い流す
  • 5.ゴシゴシこするなどして、強い刺激を加えない
  • 6.清潔なタオルを使用する
  •  

    メイクをする女性にとって洗顔とは、

     

  • メイクの汚れを取る洗顔
  • 皮脂の汚れを取る洗顔
  •  

    と二つの洗顔がある。これらの汚れはまったく別のものなので、それぞれ専用の洗顔料で洗わなければならない。ふき取るタイプのものもあるが、しわやたるみの原因となり、あまりおすすめされない。

     

    また、皮膚表面に傷を作りやすく、細かな傷が肌をくすませる。ニキビ肌ではニキビを無理やりはぎとってしまい、ニキビ痕を作る可能性もある。

     

    更に、クレンジング剤に限らず、化粧品には鉱物油といいう石油を精製した肌に悪影響の脂を使っているケースが多く、この油分のせいでニキビが悪化する恐れがある。クレンジング剤を選ぶ際には、配合されている油分について注意をする必要がある。

     

    オイルクレンジングは確かに洗浄力が高いが、同時に、洗いながらも肌に油分を浸透させ、油の膜を作ってしまう。それらの油は紫外線を吸収し、メラニンを活性化させる。すると黒ずんだ肌になり、肌トラブルの原因となる。

     

    また、弱酸性の洗顔料は確かに肌にやさしいが、弱アルカリ性のものと比べて、洗浄力が弱い。したがって、肌質によってはその洗浄力では皮脂や汚れをきちんと落とせないデメリットがある。そうすると、それが原因でニキビが出来るということにもなりかねない。弱アルカリ性でもしっかりと洗い流せば肌は弱酸性に戻り、問題は起きない。

     

    ニワトリ

    洗顔料や、洗顔方法を間違えるだけで、かなり皮膚にダメージを与えてしまうことになるね!間違ったやり方をしてしまえば、そりゃあ結果も間違ったものになっちゃうってわけさ!正しいやり方をして、正しい効果を得よう!

    ぴよぴよ(うーむ)!

     

     

    この章のまとめ
  • ニキビ予防になる『正しい洗顔方法』を確認する。
  • メイクと皮脂の汚れはまったく別のものなので、それぞれ専用の洗顔料で洗わなければならない。
  • 鉱物油の油分はニキビが悪化する恐れがある。
  • オイルクレンジングは洗浄力が高いが肌トラブルの原因となる。
  • 弱酸性の洗顔料は肌にやさしいが、肌質によっては洗い残しが原因でニキビが出来る。
  • 弱アルカリ性でもしっかりと洗い流せば肌は弱酸性に戻り、問題は起きない。
  •  

     

     

    関連記事

  • ニキビ予防には洗顔が大切!洗顔料や石鹸などで適切なケアを
  •  

    コンプレックスに関するその他の情報

    バストアップ

    バストアップ

    バストアップのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP